【ブログ】結婚相談所を開業しようと思ったきっかけ、自己紹介

はじめまして

アイブライド東京結婚相談所を運営しています。みたにと申します。

まずは、自分自身の自己紹介をしようと思います。

私が結婚相談所を始めようと思ったきっかけは、自分自身の婚活体験と友人の婚活を応援したかったから、という理由です。

まずは自分自身の婚活の話ですが、私は20代半ばまで全く男性と縁がありませんでした。

社会人になると自然に良い人ができて、そのまま結婚して。と、当たり前のようにみんながやっていることがこんなにも難しかっただなんて、正直思ってもみませんでした。

当時働いていた私の職場は、90%が女性という女社会の環境で、異性と関わる機会もなく、もちろんトキメキもなく、人を好きになるという感情さえ忘れかけていました。

私はここのまま一生一人なのかもしれない!という恐怖感にかられたことをきっかけに、婚活を始めることとなりました。

その当時思い浮かぶ婚活といえば、合コンや飲み会くらい・・。

頑張って参加しても、次にまた会いたいと思える人には全く出会えない。回数を重ねていくうちに、次に繋がらないし楽しくない。時間もお金もかかるし、私は一体何がしたいのだろう・・。自分ってなんなんだろう・・。と虚しくなり、段々としんどくなっていきました。

しかし、ここで諦めれば一生一人かもしれない!それだけは嫌だ!と自分に言い聞かせ、声が掛かれば、できるだけ色々な会に参加するようにしていました。

そして、人生最後に参加した婚活パーティーで、今の夫と知り合うこととなりました。

今まで自分がピンとくるなと、思う人には全く出会えなかったのに、この人とは波長が合う!

彼とは、いわゆるビビッ!という感覚がわかりました。

トキメキも忘れそうなくらい、なかなか自分に合う人に巡り合えなかったのに、夫とは全ての時の流れがスムーズに進み、1年以内に結婚という形に至りました。

自分と波長が合うな。と思う人には、なかなか出会うことができません!

だけど、必ずどこかにいます。

そして私は自身の婚活体験の中で、「結婚相談所」という便利なサービスがあることも知りました。

自分の希望条件から、簡単に相手を探し出せるってすごいことだと思います。

(過去に戻れるなら正直、私もこのサービスをもっと早く利用したかったくらいです。)

なので、私は今までの婚活で学んだ経験を活かしたく、出会いがないだけで結婚を諦めかけている友人を応援しようと思い、結婚相談所をスタートする流れとなりました。

この結婚相談所では、友人に恋愛相談をする時のような、気軽で話やすい相談所を目指しています。

ハードルが高くて、どうせいい人いないんでしょ?というような負のイメージから、もっと早く利用しておけば良かったー!!に変えられる自信が私にはあります。

少しでも、自分と波長の合う素敵な人を見つけられるよう、全力でサポートしています。

早くお会いできる日を楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする